レクサスUX用に購入したドライブレコーダー(VANTRUE T2)使用レポ

スポンサーリンク

前回お知らせしたレクサスUX用のドライブレコーダーが到着しました。

スポンサーリンク

VANTRUE T2の主要機能

  • マイクロ波 駐車監視
  • 1920×1080PフルHD
  • SONY製レンズ、SONYセンサー
  • HDRモード
  • F1.8 広角160度
  • 東日本 西日本 LED信号対応
  • 衝撃録画
  • 広範囲温度耐性(-20度~70度)

こんなところですかね。

より詳細な情報や購入はAmazonだと3000円OFFになるのでおすすめ。


 

ちなみに128GBのmicroSDも合わせて購入しました。

ドレレコ本体でフォーマットを行ったところ、問題なく利用できました!

接続方式はシガーソケットかOBD端子へ差し込むだけで使えます。

レクサスUXに取付る前に我慢出来ない私はアクアに簡易的に取付、試してみることにしました。

駐車監視がどうなのかも気になっていたのでOBD接続をお試しです!

ついでに紅葉でも見に行くアクアでの最後になるかもしれないドライブの模様を撮影してみました!

VANTRUE T2の映像紹介

その映像をちょろっとご紹介。

VANTRUE T2映像紹介

いかがでしょうか!?

見事な逆光ですよねw

ええ、すみません・・

逆光過ぎて鮮明?なんだおれ?みたいで全然伝わりませんね・・・

そして更に忘れていたことが・・・

レンズの保護フィルムみたいなものを付けたままでした・・・w

そっちの方が鮮明さに欠ける大きな原因だと思います。すみません!!

それでもこれだけ綺麗なので必要十分だと思います。

こんな状態なので残念ながら、対向車のナンバーまではっきり!とは言えないような映像ですのでこれはUXでリベンジさせてください・・・。

そして1点欠点を見つけました。

完全に地デジに干渉しました。

→2018/12/9追記UXに取付てみた結果、全く干渉していません。

レクサスはアンテナフィルムが見当たらないのでそのおかげですかね?

仕様がわかっていないためはっきりとした原因がわかっていませんが、これは朗報♪

マイクロ波駐車監視

個人的にこの機能に期待度MAXで日本のメーカーを捨ててまで、このドライブレコーダーに決めたと言える機能ですが、予想以上に素晴らしいと思います。

撮影範囲に人が来るとしっかり撮影されていました。

ただ、全てそれがイベントフォルダーに格納されます。

ちなみに・・・通常撮影された動画は「ノーマル」「イベント」フォルダのどちらかに格納されます。

  • ノーマル:容量が満杯になり次第、古いものから削除して新しいファイルを作成
  • イベント:ロック状態のファイルが格納されるので容量が満杯になったらそれ以上格納不可

といったことから家で夜間や不在時の駐車監視を期待した場合、日々確認・削除が必須!?

ただし、駐車監視対象の範囲を遠距離・標準・近距離と設定できます。

今回デフォルトの遠距離のままにしたため、反応しすぎているかもしれません。

いたずら予防とかならば近距離でも良さそうですね。

こちらは一晩で容量がどの程度になっているかも含めてレクサスUX納車後に検証していきます。

またマイクロ波警告灯がレンズの横辺りにあり、撮影時には赤点滅しますので、ちょっとした警告も期待出来るかもしれません。

UXへの取付は・・・

当初ディーラーで工賃1h分を支払い、お願い予定でした。

しかしこれほど簡単に接続可能とわかりましたので、自分で取付しようと思いました。

工賃1h分が内張はがしを買うくらいで済みそうですし・・・

また、カメラの取付が吸盤タイプなので、ミラー裏だと遮光目的?の黒い点々(これなんて呼ぶんだろう・・・)があり、全く張りつきませんでした。

これは補助するものが必要ではないかと思っています。

折角カメラに70度までの熱対策がされているのですから、補強部分も熱に強いものにしておかないと壊れないけどすぐ外れてしまっては意味がありませんしね。

取付の模様は、すんなり付きすぎて記事にならない内容だった場合には付けました報告しか出来ませんが、ちょっとでも苦戦した場合は記事に残しますw

 

さぁついにレクサスUXの発表まで二日となりましたね。

今ご覧の方も待ち遠しい方達ばかりだと思います。

私自身子供のように待ち遠しくなっております。

発表日当日の夕方に私は試乗の予約もしっかり入れておりますので、その模様もなるべく早くお届けします!

車関連
スポンサーリンク
ガビレオをフォローする
スポンサーリンク
ガビレオFun Days

コメント